読書の秋・・・すでに冬?

d0113301_1673348.jpg

気がつけばカレンダーの残りもあと2枚

10月ですね。。

この前新年のご挨拶をしたと思ったら
そろそろ年末のご挨拶を
時間の流れの速さを感じる季節ですね。

そして今日は金曜日!!
明日から3連休という方も多いと思います。
思いっきりはじけちゃいましょう!!

町田ラベルタ元気に営業です。





早速ですが金スペワインのご紹介です。

「ムルソー キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2007 
                           デュポン・ファン」

シャルドネ100%

涼しくなってきたのに白ワインです(笑)
と、言ってもムルソーなどのしっかり系のワインは
常温でこそ楽しめるワインです。

インポーター資料より抜粋になりますがご紹介させていただきます。

世界が注目する、話題のムルソーが到着しました!
その名は、デュポン・ファン。
歴代のムルソーの地でワインを造ってきたデュポン家のミッシェル氏と
ボルドーで働いていたアメリカ人のファン氏夫婦が設立したドメーヌです。
彼らが目指すのは
『各家庭にカーブがあるわけではないのであれば
下手な環境で熟成させるよりも
お客様が飲みたいと思って購入した時に
最高の飲み頃の状態になっているワインを造る事』なんです。
今回ご紹介する、ムルソーは

【採用しているレストラン】
・パリのトゥール・ジャルダン
・ロンドンのホテルリッツ
・アムステルダムのアムズホテル
・フィラデルフィアきっての名レストラン『ル・ベック・ファン』

など、世界各国の超一流レストランがこぞって採用したワインなのですっ!!
超一流にオン・リストされた事が、その品質の何よりの証拠です。
デュポン・ファンは、彼らの理想とするワインを造る為、
1:酵母の入ったワインの樽をかき混ぜない
2:低温での長期熟成
3:極めて遅い収穫時期
4:ノン・フィルター(そのため、酒石酸が発生する事があります。)等
、細部に拘った造りをしています。
こうして生み出されたワインは、繊細な果実味を失わず
柔らかさがありながらも、完熟したブドウによって、濃密で凝縮感溢れ
ミネラルや果実が一杯に詰まったワインになりました。
一貫したスタイルを持つデュポン・ファンは
畑仕事に出来る限り専念する事を考え
販売に掛かる手間を最小限に抑えるようにしています。
販売は完全予約制!その反面、出来る限りの範囲で自分で配送し
飲み手とのコミュニュケーションを大切にし
市場の動向を理解したいと思う柔軟性。
信念を持ちながらも、決して一人よがりに終わらず
『美味しく飲んで欲しい』という気持を大切にする彼らだからこそ
これだけのワインが生み出せたのでしょう。

僕も初めてのワインです。
あとはワイン自体が滑ってないことを祈るのみです・・。


本日も6杯限定1杯1700円でのご提供です。

お試しください!!





最近また読書を再開しました。
とはいっても新しい本ではなく
昔読んだものを再読ですが
リハビリがてらのんびり楽しんでます。
[PR]

by la-belta | 2010-10-08 16:07 | 新入荷のチーズ