緊急企画!”イル・カルボナイオーネを出血大サービス”



本日9/28(金)~9/30(日)限定!
【月末だよ出血大サービスワイン】


『2008 Il Carbonaione / Poggio Scalette』
2008 イル・カルボナイオーネ / ポッジョ・スカレッティ


(イタリア・トスカーナ州 / サンジョベーゼ100%)
Glass ¥2,500 ⇒ ¥1,500 / Bottle ¥12,000 ⇒ ¥9,000



-イタリアワインの重鎮、
スター・エノロゴ(醸造家)の先駆者ヴィットリオ・フィオーレ氏の集大成!-
d0113301_17255474.jpg



(テイスティング・コメント)
濃いガーネットの色あい。赤や黒の様々なベリーとスミレの花のアロマに、スパイスやカカオなどの温もりを感じさせる大地香。シルクのようになめらかな質感と濃縮した赤や黒のベリーやカシスを思わせる濃厚な旨み。まろやかで心地よく長い余韻へと誘う、サンジョヴェーゼの魅力を余すところなく表現した見事な逸品。

妥協を許さず、『最高のものを一種類だけ』という理想のもと「イル・カルボナイオーネ」は誕生しました。サンジョヴェーゼというブドウを知り尽くしたヴィットリオ氏によって、徹底した管理のもとワイン造りは行われており、選別に漏れたブドウは全てバルク売りにされます。この偉大なワインは、古木から生まれたことによるものか、パワフルでありながらもどこか奥ゆかしく上品で、内に秘めたポテンシャルを充分に感じさせてくれます



- ヴィットリオ・フィオーレ氏 -
1964年にミラノでコンサルティング・ワインメーカーの仕事を始め、多くの蔵のコンサルティングを行いイタリアワインの品質向上に寄与、イタリア醸造技術協会理事や国際醸造家組合執行委員という要職をも歴任してきた、イタリアワイン界の重鎮、“スター・エノロゴ”の先駆者的存在、ヴィットリオ・フィオーレ氏。彼の名前を抜きにしてイタリアワインを語ることはできない。

 1972年より醸造協会理事の職につき世界各国を飛び回っていたヴィットリオ氏は、1978年、病気がちな妻を思い、環境の良いトスカーナに移り住みました。以来、自分自身のワイナリーを求めて畑を探し始め、遂に1991年、キアンティ・クラッシコ グレーヴェ地区、ルッフォリの地に畑を見つけ出しました。30年にも及ぶ経験を生かしたワイン造りを行う彼自身のワイナリーそれがポッジョ・スカレッティです。
[PR]

by la-belta | 2012-09-28 17:27 | 今月のワインフェアー