モンドールの季節になりました!


【秋の彩るチーズ入荷】

少し肌寒くなり、赤ワインが恋しい季節になりました。

チーズも秋にピッタリのものが入荷しました。


d0113301_1853034.jpg

(写真左より)

- モンドール - Mont d'Or A.O.P
(フランス、フランシュ=コンテ圏 / 牛乳、ウォッシュ)

旬のチーズといえばモン・ドール。 エピセア(樅の木)の樹皮に巻かれてエピセアの棚の上で熟成され美味しくなります。
熟成したチーズの深い味わいと芳醇なミルク感が堪能できます。
とろとろをスプーンですくってご用意します。軽めの赤ワインやボージョーレなどと。




- トラップ・エシェルニャック - Trappe Echorgnac
(フランス、アキテーヌ圏 / 牛乳、ハード)

ペリゴールの尼僧院チーズ。胡桃のリキュールで拭いてあります。
カラメルのような甘く芳ばしい香りがします。秋の夜長にどうぞ。ウイスキーに合います。




- シャウルス - Chaource A.O.P
(フランス、ブルゴーニュ圏 / 牛乳、白カビ)

シャンパーニュ地方の深い森を越えたところにある小さな可愛い街「シャウルス」の名前に因んだチーズです。ブルゴーニュ地方北部でも製造されています。シャンパンのブドウ畑や、シャブリの畑が広がる一帯。
キメの細かい組織で果実のような爽やかな酸味があり、 クリームようなの良い香りがあります。若い熟成のものは、シャンパンや軽快な白ワインと。熟れたものは、重みのあるシャブリと。




- テット・ド・モアンヌ - Tete de Moine
(スイス、ジュラ州 / 牛乳、ハード)

坊主の頭と言う意味のチーズ。昔、修道僧の頭数のチーズを地代として納めたとか。ジロールでレースのように削ってご用意。香りも豊かで鼻に抜ける香りが芳ばしい。
[PR]

by la-belta | 2013-10-23 18:52 | 新入荷のチーズ